2016/07/27





I have made music and video for 3 years. It’s like a daybook for me.
I stopped following the flow of time. And I reconsidered my own self.
This album’s expression is unbalance, gloomy and calm.
I think that this album is my self.
My new album “Happy Ending” will release on 28th July.
If you listen to my album, I’m glad. Thanks.

About "Happy Ending"

and more. 




3年間、日々、感じてきたことを音と映像にしてきました。
流れの中に身を置くことを辞め、現実の中にいる自分と向き合いました。
不安定で、穏やかで、陽気ではない、時代錯誤な表現です。
不器用で、かっこ悪い、自分らしいアルバムになったと思っています。
「HAPPY ENDING」今月31日(日)発売です。
渋谷、新宿のタワーレコード(上の方)に足を運んでみてください。

and more.








[EXCLUSIVE DOWNLOAD]
Japan's well-known independent music website Public Rhythm is now featuring the exclusive download of the title track from my new album "HAPPY ENDING".

“Public Rhythm”




タイトルトラック「Happy Ending」をフリーダウンロードできます。詳しくは上のURLより。






My favorite place disappears. Thank you. And good bye.

大好きな場所がまた一つ無くなります。ずっと忘れないと思います。








New review of “Happy Ending”.
Thanks. 谢谢。

Norman Records (UK)

太空猴宇宙放送局 (Taiwan)




















The music video of “At the Window (w/ Cuushe)”



The music video of “At the Window (w/ Cuushe)” opened to everybody on “Fluid Radio” which is online magazine in UK. 
Thank you for “Fluid Radio”! Please watch it.

“Fluid Radio”




イギリスのオンラインマガジン「Fluid Radio」にて“At the Window (w/ Cuushe)”MVが公開されました。
日本語の歌詞から世界を作り、映像として解釈をし直しました。
一方通行のコミュニケーション。データとしての走馬灯。
そんなことを表現したつもりです。




2016/07/25

// ANNOUCEMENT //

Due to an unforeseen technical issue at our distributor in Japan, the release date for my new album "HAPPY ENDING" in Japan has been delayed from July 28th to July 31th.
However, for other countries, the release date remains at July 28th. We apologize for any inconvenience caused. 
Thank you.



“HAPPY ENDING” 国内盤発売日変更のお知らせ

国内盤のリリース日が7月31日に変更させて頂くことになりました。
皆様3日ほどお待ち頂ければ幸いです。
国外流通は予定通り7月28日となります。
皆様よろしくお願いいたします。


2016/07/20



The new article of “HAPPY ENDING”.

Thanks everyone. I was saved by your words.




"TOWER RECORDS" (JP)
"a closer listen" (Canada)
"偽北欧人的生活獵影" (Taiwan)
"trndmusik.de" (Germany)
時々、自分がラジオのような存在に思えます。
小さな部屋から音を作り、誰が聴いてくれるのかも分からない。
良いのか、悪いのかも分からない。
色々な国のたくさんの言葉に、救われた気分です。

楽曲に、「ハロー」という言葉を使うのは、

そういうことなのかもしれません。